お肌はEGプラセンタでターンオーバー

何百万本も売れているEGプラセンタは、理由もなく売れているのではありません。売れるにはそれに見合った効果があるからですが、ではその効果はどのようなものなのでしょうか。このページではEGプラセンタの高い効果の元になっている成分について紹介したいと思います。

EG プラセンタの成分には様々なものがあります。そんな中でも美容成分として効果があるとされているのがEGFという物質です。Epidermal Growth Factorの略であるEGFは、日本語訳をすると「上皮成長因子」と言われてます。上皮組織の成長を促進する物質という意味を持つEGFですが、具体的にはターンオーバーを促進すると言われています。皮膚には細胞がありますが、この細胞は常に同じものがあるわけではありません。紫外線や大気中の毒素などによって、皮膚の細胞は常に激しい刺激を受けていますが、これによってすぐに傷ついてしまいます。傷ついた細胞がそのままになるとガン化するなどの悪影響がありますから、傷ついた細胞は自ら死に、新しい細胞が生まれてくるといった具合に、常に細胞は生まれ変わっているのです。これをターンオーバーと言います。

EGプラセンタに含まれるEGFはターンオーバーを調節するために体内で合成されます。EGFが十分に分泌されている間はターンオーバーがきちんと行われるために、皮膚の細胞はつねに新しいものになっているのです。言い換えれば、EGFがきちんと分泌されている限りは、お肌は常にきれいな状態に保たれているのです。

しかし、20歳後半になってくると、EGFの分泌が少なくなってきます。徐々に少なくなってくると、ターンオーバーも少なくなって、新しい細胞が生まれなくなってくるのです。これが皮膚の老化と言われる現象です。EGFを摂取することでこれは防ぐことができます。EGFによってターンオーバーを促進し、きれいなお肌を常に保つことが出来るわけです。

EGプラセンタにはお肌をきれいに保つ働きがあります。ここではその成分の一つであるEGFを紹介しましたが、EGプラセンタにはEGFだけではなく、人間の生命活動を維持するために必要な成分が全て含まれているとも言えるのです。

植物性の天然素材を使ったお肌に優しい化粧品トライアルセットをお試しあれ